YouTubeに動画をアップしました!

【配信ライブ】with Mack Style  / Eri Kamiya Live Streaming#

2021年9月9日に配信したライブです。

四日市にあります、新笑宴から、ゲストにMack Styleのマック中原さんと石田翠さんをお迎えして

お送りしています。

チャンネル登録もぜひ宜しくお願い致します!

お正月の三が日

いつも大晦日から三が日までは

本当にあっという間に過ぎていく気がします

大晦日は近所の仲良しさんとお蕎麦をいただき

新年を祝い

元旦は家族でおせちをいただき、初詣へ

昨日は仲良しの友人たちが

スーツケースを転がして

たくさんのプレゼントを持って

会いに来てくれました

みんなどこかにStylingの服を着て

仲良しコーデだったのに

写真を撮り忘れる失態を

そんなこともありつつも

幸せな新年のスタートを噛み締めたワタクシでした

この余韻に浸りつつ

感謝の気持ちを持って

今年も始まります

みんなありがとう!

美味しい手作り巻き寿司は寿司ガール舞子の作品
じっくり味の染みた母のおでん
犬に慣れている友人は仲良くなるのも早い!

11/27 19時から配信ライブがあります!

配信ライブのご案内です。

11/27(土)19時より

配信ライブを行います!

自宅からお届けする無観客配信ライブです。

ブラックバニーともとくんの4人でお送りいたします。

今回のテーマはやはりクリスマス!

一足先にクリスマスソングをお楽しみ下さい。

皆さんからのコメントや、曲にまつわるエピソードをお待ちしております。

【出演】

ブラックバニー (Vo)神谷えり、久保舞子、Juju Sumire Ito

M-Oto (Human beatbox) 高木真琴(vo)

【日時】

2021年11月23日(土) 19:00 配信開始

無料でご覧いただけますが、お気持ちのtipやdonationも受け付けております!

https://erikamiyastreaming-9.peatix.com/

============================

配信url

https://www.facebook.com/eri.kamiya1

===========================

配信はFacebook live、instagram live等で行いますが

音のクオリティはFacebook liveが一番いいかと思います。

2週間ほどアーカイブを残しますので、そちらもお楽しみいただければと思います。

どの配信も無料でご覧いただけますが、投げ銭(tip&donation)も配信終了後2週間、受け付けております。

よかった!と思って下さったらぜひお気持ちをいただけたら嬉しいです!

おすすめ配信URL

神谷えりFacebook

https://www.facebook.com/eri.kamiya1

神谷えりInstagram

https://www.instagram.com/erikamiya

どんどんコメントしてくださいね!

#神谷えり, #erikamiya, , #jazz, #jujusumire, #singer, #maikokubo, #ジャズシンガー, #jazzchorus, #ジャズコーラス, #久保舞子, #moto, #humanbeatbox, #モト, #facebooklive, #instalive, #無観客配信ライブ, #styling, #christmas, 

明日5/29 19時より配信ライブがあります!

こんばんは!

明日19時より配信ライブを行います!

https://erikamiyastreaming-2.peatix.com/

神谷えりが自宅からお届けする無観客配信ライブです。

今回も素敵なゲストをお呼びしてお送りいたします。

【出演】

神谷えり (vo)

【ゲスト】

高内ハル (g)

M-OTO (Human Beat box)

久保舞子 (vo)

【日時】

2021年5月29日(土) 19時配信開始

今回は大好きなギタリストの高内ハルさん、

そしていつものまいちゃんもとくんと

スタンダードナンバーを中心にお送りいたします。

無料でご覧いただけますが、お気持ちのtipやdonationも受け付けております。

投げ銭はこちらから!

https://erikamiyastreaming-2.peatix.com/

============================

配信url

https://www.facebook.com/eri.kamiya1

===========================

配信はFacebook live、instagram live等で行いますが

音のクオリティはFacebook liveが一番いいかと思います。

2週間ほどアーカイブを残しますので、そちらもお楽しみいただければと思います。

どの配信も無料でご覧いただけますが、投げ銭(tip&donation)も配信終了後2週間、受け付けております。

よかった!と思って下さったらぜひお気持ちをいただけたら嬉しいです!

おすすめ配信URL

神谷えりFacebook

https://www.facebook.com/eri.kamiya1

神谷えりInstagram

https://www.instagram.com/erikamiya

どんどんコメントしてくださいね!

今の気持ち、ポンタさんへの想いをここに綴らせていただきます

村上PONTA秀一

と着信に名前が出た時、

一瞬全部嘘なのかと思った。

急いで取るといつもの優しいひとみさんの声。

訃報を聞いて真っ先に思ったのは

ひとみさんのことだった。

気丈に話すひとみさん。

声だけ聞くと本当に

日常に戻っているかのようだった。

私は情けなくも

昨日一日をすっかり泣き暮らしてしまった。

改めて、とても近くに

いさせてもらっていたんだと思う。

「ポンさん」と発声する度に涙が溢れて

自分にとってどれだけ大きな存在だったか

嫌と言うほど思い知らされる。

「村上が座るところにね

 いつもえりちゃんと中塚さんの

 PETのMDがあってね

 最後までやりたかったんだと思うの

 もう一度やれなかったことが

 心残りだよね」

ひとみさんが伝えたかったと連絡をくれたのは

この事だった。

武くんに電話して

2人で泣いた。

実家で母と息子も泣いていた。

息子は生まれた時から

可愛がってもらっていたから。

なぜか息子は「師匠」って呼ばれてた。

昨年12月に突然

「師匠はどうしてる?学校行ってる?」

とメッセージが来た。

一時期不登校だった息子を

一年も経って気にかけてくれたのは

ポンさんとひとみさんだった。

SNSのタイムラインには

たくさんの色んな人と写っている

ポンさんの写真が流れてきて

ニュースにポンさんの名前が載るたびに

現実だと思わされる。

こんなにたくさんの人に

愛されるドラマーがいるだろうか。

こんなにたくさんの人の心に

温もりを残して。

ポンさん。大好きだよ。

大きな腕にもう一度すっぽり入りたい。

ぎゅーってした時のやわらかさ。

葉巻を吸う準備の仕草。

オーダーのおしゃれなシャツとパンツ。

高い腰と長い足。

イタリア製の靴。

帽子とメガネとマフラー。

ペン立てになるペンケースに

色とりどりの蛍光ペンと丁寧な字。

演奏中に目が合った時の笑顔。

ハッとした時の丸い大きな目。

そしてすぐに笑顔になった時の白い歯。

言葉の何倍もの情報を交換する瞬間。

曲ごとに変わるスネアの音。

美しいキックの音。

完全にバランスの取れた

タムのチューニング。

うるさくないのに華やかな

力のあるシンバル。

サウンドチェックの時のハイハット。

黒く塗ったティッシュケース。

マックのコーヒー。

灰皿と葉巻。

絵文字の多いカラフルなメール。

あまりに連絡の取れない武くんに

しびれをきらして作った

PETだけのメッセンジャー。

色んな思いが読み取れる

最期の方の文章。

シメの「ブラジャー」と「🅿️」。

電話の最初の

「はぁ〜いえりちゃん、ポンタです」の声。

全部全部すぐに鮮明に思い出せる。

ポンさん、大好き。

大切な人。

素晴らしい先輩。

あなたからたくさんのことを学びました。

本当にありがとうございます。

そちらにお父さんがいると思うから

よろしく伝えて下さい。

私も母もみんな元気でやってるからって。

そしていつでも繋がっていて下さい。

PETは武くんと続けます。

ポンタさん、ありがとうございました。

父の誕生日に

今日1月28日は

昨年3月に他界した父の、

生きていれば78歳の誕生日です。

母が泣いて

「初めてのお父さんのいない

お父さんの誕生日なの」

と言い、

おじいちゃんが大好きだった息子も

久しぶりに涙を流し

「悲しい」

と一言。

今日は父の好きだったものを作って

ケーキでお祝いです。

「人生ってそういうものなんだよ。

それを初めて息子に教えてくれた存在が

おじいちゃんなんだったら

こんなに素敵な事はないよ。

感謝だね。」

そう言ってくれたのはまこと。

私も色々な事を父から学びました。

今日はお父さんを思い出して

丁寧にご飯を作って

お祝いしようと思います。

お父さん、お誕生日おめでとう。

そしてありがとうね。

犬を飼うようになって

たくさんの景色に出会いました

今までと同じ場所に住んでいるのに

毎日色々な発見があります

昨年6月末に我が家にやってきた

保護犬のペキニーズ

杏子(あんこ)

推定7歳

彼女が家族にならなければ

私はこの発見を

一生せずにいたかもしれないのです

朝夕方一回ずつ1時間

空の色や草花を見ながら

今の季節は

色々なところになっている

柑橘類が色付いていくのを見ながら

今までと同じ場所に住んでいるのに

違う時間が流れています

地球を肌で感じ

毎日飽きることのない

面白い星に住んでいるんだなぁ

とつくづく思う冬です

今年も宜しくお願いいたします。

みなさま、昨年中はお世話になりました。

昨年3月に父が亡くなりましたので、新年のご挨拶を失礼させていただきます。

父に代わって新たに保護犬ペキニーズの杏子(あんこ)7歳が私たちの家族になりましたことは、困難な一年の中の輝ける出来事でした。

前例にない状況下でもこのように新年を迎えられたことは奇跡と言えると思います。

支えて下さった皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

そして今年も宜しくお願い申し上げます。

父とけんさんへ

今年の3月は私にとって

忘れることのできない月となりました。

 

父が亡くなり、

そして昨日、

大好きな志村けんさんが旅立たれました。

 

急なことで

それも志村さんのご家族は

私たち家族同様に、

病院に見舞うことが許されないまま

別れを告げることとなりました。

 

残された者は

自分自身でこの別れと向き合い、

納得させて前に進むしかないのです。

 

 

私はこう思うことにしました。

突然に見えた父の死も

父の魂が選んだのであれば

これが寿命だったのかもしれないと。

 

出不精だった父が昨年

何かにつき押されるように

西へ東へ出かけて

色んな人に会いました。

亡くなってから

色々なものを整理しては

全てきちんと終わらせていたことが多いことに

驚かされています。

 

 

大好きだった母に

別れも告げず、

最後に家を後にする時も

いつもの「行ってきます。後でね。」

がなかった父。

 

亡くなる3時間前に

私が持っていった

母から預かった手紙も

「後で読む」としまうように命じた父。

 

きっと父はわかっていたと思います。

母が何をしたためたのか。

読まなくても、彼女の考えていることは

父にはわかっていたと思います。

 

 

 

けんさんは

たくさんの人を笑わせて

幸せにした方です。

 

私の子供の頃も

どんなに8時が楽しみだったことでしょう。

何度も純粋なワクワクを味わい、

笑い、

大人になってからは

けんさんのプロフェッショナルな顔を垣間見て

心から尊敬していました。

 

 

父からもけんさんからも

たくさんの喜びを与えてもらいました。

あとはその経験を自分の人生に

どう活かしていくかです。

 

きっと喜びと感謝しか感じない場所で

二人は必ず私たちを見ています。

 

「おーい。いなくなってないよ。」と。

 

以前よりももっと繋がりを感じて

自分を幸せな状態に持っていけば

彼らとも会話ができるはず。

 

その状態を私は毎日

こうかな?これかな?

と模索するように生きています。

 

喜びと矛盾する寂しさの涙も

紛れもない今の本当の私。

幸せを感じて、

人の温かな心に触れて涙するのも

本当の私。

 

今は次々に感じる思いを

ひたすら見つめるように

そんな毎日を送っています。

 

 

父はもしかしたら

けんさんにも会えるのかな?

話もできるのかな。

 

そんなことを想像しながら今日は

スノーボールと言われるクッキーを

焼きました。

 

 

どうかお父さん、けんさん、

召し上がってください。

 

 

ありがとうの気持ちを込めて。

 

91394717_10222071270233884_5047239055641673728_o

父に寄せて

私の父、神谷保弘が3月10日に心不全のため亡くなりました。

葬儀は一昨日、昨日と二日間に渡り、

家族葬とさせていただきました。

 

アメリカ・テネシー州ナッシュビルで

ShoーBudという会社に入り、

長年ペダルスティールギターの製作をし、

帰国後は自身のブランドCANOPUSを立ち上げ、

東京・下北沢のショップにて

ラップスティールギターの製作、販売を続けてきました。

 

楽器を作ることを人生の全てとしてきた父は、

思えば数年前にリタイアした時から

なんとなく元気がなくなっていき

ここ2、3年は喜怒哀楽もなくなったように思います。

昨年には30年間

スティールギターの愛好家の皆様と続けてきた

勉強会も終え、

行きたい場所へも積極的に行き、

見事なまでにこの世を去る準備を

整えて旅立ちました。

 

心不全という突然の出来事でしたが、

思えば父が選んだのだと思えるタイミングだと

今は家族全員同じ気持ちでおります。

 

私のパートナーや息子が

そばにいてくれたことで

この父との別れに向き合えたと思います。

 

訃報を聞きつけ、親友たちも飛んできてくれて

手作りのおにぎり、マッサージオイル、お菓子

私たち家族がどんなことをして欲しいか

考えつくもの全て手に取り、

私たちに与えてくれました。

 

家族葬にも関わらず、

父に縁のあった方々がお集まりくださり、

父に花をたむけてくださいました。

 

本当に感謝しています。

 

コツコツと丁寧に時を積み重ねるような

そんな人生でした。

口数も少なく、職人という言葉が

ぴったりの人でした。

 

生前、お世話になりました皆様、

そして父の楽器を愛してくださった皆様、

本当にありがとうございました。

 

神谷えり

 

 

I would like to inform you that my father Yasuhiro Kamiya passed away on March 10th 2020.

He was great person. Great dad for me, great grand father for my son.

He is also wonderful steel guitar builder.

Thank you for being his good friend.

And thank you for loving his instruments.

Thank you so much for your love toward Yasu.

 

Sincerely,

Eri Kamiya