父への曲をMusic videoにしました

ALOHA OEというハワイアンの名曲のMusic videoをUpしました。

 

父・神谷保弘へ捧げるハワイの別れの歌です。

8代目にして最後のハワイ王・リリウオカラニ女王が

1878年頃に作ったと言われています。

 

父の作ったCANOPUSのSteel guitarで

母である関万里子が弾きました。

私たち家族の父への想いを込めて。

 

動画の中の写真は、

父が生前に、母と二人でハワイに旅をした時に撮ったものです。

美しい景色と共にお楽しみ下さい。

 

Steel guitar : Mariko Seki

Arrange and programming : Eri Kamiya

 

オリジナルmusic video第二弾「ねぇ」できました!

みなさん、おはようございます。

おうち時間に、

今までやったことのなかった

Music video作りに励んでいます。

第二弾「ねぇ」ができました!

これは元々Duet用に書いた曲ですが

私一人で歌っています。

楽しんでくださいね〜。

出演してくださった皆様、

ありがとうございます!

 

チャンネル登録もぜひお願いいたします!

 

#神谷えり #ねぇ #オリジナル #originalmusic # musicvideo

4月の四日市、大阪でのライブがキャンセルとなりました。

みなさん、こんにちは。

桜も見頃というのに

思うように動けず

お家の中で過ごしている方も多いと思います。

 

4月に予定しておりました下記のライブが

キャンセルになりましたことを

お知らせいたします。

 

4.10  四日市 新笑宴

18:00 Open 19:00 Start

Eri  Mack meets S’wonderful Trio

神谷えり(vo) マック中原(vo)

西村ヒロ(b) S’wonderful Trio

三重県四日市市新正4丁目13番8号

TEL スタッフ直通: 080-2625-3293

 

 

4.11    大阪 ORANGE COUNTY CAFE 

Start  : 14:00  2 stage

Charge : ¥3000+1drink or 1food

神谷えり(vo) 石田ヒロキ(p)

〒584-0011
 大阪府富田林市宮町2-7-39 2F

TEL 0721-70-7142

 

また落ち着いた頃に

再演を考えておりますので

それまでお待ちください。

 

このような状態の中でも

楽しいことを見つけて

美味しいものを食べて

よく寝て

体と心のメッセージに耳をすませながら

乗り切りたいと思っております。

みなさんもお気をつけて

お過ごしください。

 

 

 

父とけんさんへ

今年の3月は私にとって

忘れることのできない月となりました。

 

父が亡くなり、

そして昨日、

大好きな志村けんさんが旅立たれました。

 

急なことで

それも志村さんのご家族は

私たち家族同様に、

病院に見舞うことが許されないまま

別れを告げることとなりました。

 

残された者は

自分自身でこの別れと向き合い、

納得させて前に進むしかないのです。

 

 

私はこう思うことにしました。

突然に見えた父の死も

父の魂が選んだのであれば

これが寿命だったのかもしれないと。

 

出不精だった父が昨年

何かにつき押されるように

西へ東へ出かけて

色んな人に会いました。

亡くなってから

色々なものを整理しては

全てきちんと終わらせていたことが多いことに

驚かされています。

 

 

大好きだった母に

別れも告げず、

最後に家を後にする時も

いつもの「行ってきます。後でね。」

がなかった父。

 

亡くなる3時間前に

私が持っていった

母から預かった手紙も

「後で読む」としまうように命じた父。

 

きっと父はわかっていたと思います。

母が何をしたためたのか。

読まなくても、彼女の考えていることは

父にはわかっていたと思います。

 

 

 

けんさんは

たくさんの人を笑わせて

幸せにした方です。

 

私の子供の頃も

どんなに8時が楽しみだったことでしょう。

何度も純粋なワクワクを味わい、

笑い、

大人になってからは

けんさんのプロフェッショナルな顔を垣間見て

心から尊敬していました。

 

 

父からもけんさんからも

たくさんの喜びを与えてもらいました。

あとはその経験を自分の人生に

どう活かしていくかです。

 

きっと喜びと感謝しか感じない場所で

二人は必ず私たちを見ています。

 

「おーい。いなくなってないよ。」と。

 

以前よりももっと繋がりを感じて

自分を幸せな状態に持っていけば

彼らとも会話ができるはず。

 

その状態を私は毎日

こうかな?これかな?

と模索するように生きています。

 

喜びと矛盾する寂しさの涙も

紛れもない今の本当の私。

幸せを感じて、

人の温かな心に触れて涙するのも

本当の私。

 

今は次々に感じる思いを

ひたすら見つめるように

そんな毎日を送っています。

 

 

父はもしかしたら

けんさんにも会えるのかな?

話もできるのかな。

 

そんなことを想像しながら今日は

スノーボールと言われるクッキーを

焼きました。

 

 

どうかお父さん、けんさん、

召し上がってください。

 

 

ありがとうの気持ちを込めて。

 

91394717_10222071270233884_5047239055641673728_o

父に寄せて

私の父、神谷保弘が3月10日に心不全のため亡くなりました。

葬儀は一昨日、昨日と二日間に渡り、

家族葬とさせていただきました。

 

アメリカ・テネシー州ナッシュビルで

ShoーBudという会社に入り、

長年ペダルスティールギターの製作をし、

帰国後は自身のブランドCANOPUSを立ち上げ、

東京・下北沢のショップにて

ラップスティールギターの製作、販売を続けてきました。

 

楽器を作ることを人生の全てとしてきた父は、

思えば数年前にリタイアした時から

なんとなく元気がなくなっていき

ここ2、3年は喜怒哀楽もなくなったように思います。

昨年には30年間

スティールギターの愛好家の皆様と続けてきた

勉強会も終え、

行きたい場所へも積極的に行き、

見事なまでにこの世を去る準備を

整えて旅立ちました。

 

心不全という突然の出来事でしたが、

思えば父が選んだのだと思えるタイミングだと

今は家族全員同じ気持ちでおります。

 

私のパートナーや息子が

そばにいてくれたことで

この父との別れに向き合えたと思います。

 

訃報を聞きつけ、親友たちも飛んできてくれて

手作りのおにぎり、マッサージオイル、お菓子

私たち家族がどんなことをして欲しいか

考えつくもの全て手に取り、

私たちに与えてくれました。

 

家族葬にも関わらず、

父に縁のあった方々がお集まりくださり、

父に花をたむけてくださいました。

 

本当に感謝しています。

 

コツコツと丁寧に時を積み重ねるような

そんな人生でした。

口数も少なく、職人という言葉が

ぴったりの人でした。

 

生前、お世話になりました皆様、

そして父の楽器を愛してくださった皆様、

本当にありがとうございました。

 

神谷えり

 

 

I would like to inform you that my father Yasuhiro Kamiya passed away on March 10th 2020.

He was great person. Great dad for me, great grand father for my son.

He is also wonderful steel guitar builder.

Thank you for being his good friend.

And thank you for loving his instruments.

Thank you so much for your love toward Yasu.

 

Sincerely,

Eri Kamiya