Profile


10579791_907089089318658_1149756262_n

神谷えり ERI KAMIYA

東京生まれ。
幼少からさまざまな音楽に触れ、3才の時に聴いたスリーディグリーズに強く影響を受け、ソウル、ジャズ等を聴くようになり、バンド活動の傍ら作詞、作曲、アレンジを始める。
ジャズクラブでのライブ活動は18才の頃から始め、ベーシスト鈴木良雄氏のバンド「EAST BOUNCE」のアルバム “Kisses on the wind” にゲストで参加。
ソロ活動では、テイチク(Imperial Records)より「リピート」でデビューの後、BMGファンハウスに移籍後「Don’t wanna fall in love」
「I’ve known you」とシングルに続き、アルバム「Eternal Ring」を発表。
また、母である関万里子と共にハワイアンユニット「E7th」で “HULA NOVA” を Ripcurl Records より発表。
Cyril Pahinui等のハワイアンアーティストと共演。

2004年、Soul Bossa Trio「songs and melodies」に”Yellow Rain”で参加。

2005年5月25日、vocal参加したバンド「EKremix」で、テラリウムレーベルよりアルバム “karmic observation” をリリース。

2005年4月からオンエアのNHK教育テレビ「からだであそぼ」のダンスエクササイズの歌 “アイーダアイダ” を、ウクレレプレイヤーであるジェイク・シマブクロ氏、日暮真三氏とコラボレーションし、2005年8月24日にNHKエデュケーショナルよりシングルCD,DVDを発売。

2006年6月にGate Recordsよりボサノバコンピレーションアルバムに「BEN」で参加。

2007年5月、関万里子のハワイアンアルバム「island of dreams」をプロデュース。

2007年5月に様々なアーティストとのDUO編成ばかりを集めたアルバム「duos」を発売。

2007年8月よりTM NETWORKの木根尚登とのDuo unitで「talk like singing」というタイトルのライブ活動を始める。

2008年2月発売のピアノ連弾duo『FUTABA』のアルバム「piano songs」に参加。universal Jより発売。

2008年4月、TM NETWORKの木根尚登とのDuo unitで「seven/fly high」をリリース。

その他ジャズ以外のアーティストの作品にも多くゲスト参加。

2009年4月より、柴田敏孝(p)、河相我聞(ds)、村上PONTA秀一(ds)のレギュラーメンバーからなるバンド「えりとしがもん」を結成。
渋谷Jz bratにて定期的なライブ活動をしている。

2010年、出産のための休業から復帰し、2011年種浦マサオ氏とのコラボユニット「エリターネー」にて1st single「愛なんです」をレコーディング、5月より配信リリース。2nd single「かえるのうた」を同年9月にリリース。

2010年6月 木根氏とのコラボレーションでも4曲入りのミニアルバムを配信リリース。

2012年9月より、表参道コンセプトスタジオvedaにて、同じくジャズシンガーのakikoと共に、workshopをマンスリーで開催。

2013年3月 木根氏とのコラボレーションでアルバム「Antares」をリリース。

2013年6月 神谷えりソロプロジェクトでオリジナルアルバム「When’s the last time you looked at the sky?」リリース。

2013年7月 木根氏との共同プロデュースにて、プロレスリング・ノア所属のヘビー級レスラー、モハメドヨネのシンガーとしての活動をアルバム「夢で逢いたい」のリリースによって実現する。

2014年4月 SONY MUSICより発売の「きっずじゃず」に参加。

2014年6月 エリターネーミニアルバム「pray」をリリース。

2015年 ピアニスト柴田敏孝とユニット”klem”を結成、ライブ活動とアルバム制作を開始。

2016年3月9日 klem 1st album 「all we have」をVIVID SOUNDより発売。

その他、アーティストのプロデュース活動、ライブ活動と並行して作品作り、後進の指導にも力を入れている。